トピックス

2021.10.5

Uターン&地元で転職エピソード~鴨川市・株式会社カワナ様~

近年特に注目されるようになってきたUターンやIターン。地方での仕事や暮らしに目を向ける人が増えてきており、地域創生などのキーワードと併せて関心が寄せられています。
そこで気になるのが「地方での転職活動ってどんな感じ?」「仕事はどうやって見つけたらいいの?」などの疑問ではないでしょうか。

そこで今回は、鴨川市の株式会社カワナ様にて、実際に2020年に転職をご経験された若手社員にお話を伺いました!

今回お話を伺ったのは、入社2年目の畠山瑞貴さん(27)。2020年に中途で株式会社カワナ様に転職をされたそうです。

畠山さんのエピソード、是非参考にしていただけたら幸いです。

まずはご経歴を伺ってもよろしいでしょうか?


私は生まれも育ちも鴨川市です。地元の高校を卒業後、大学進学と共に上京し都会で4年間過ごしました。大学では環境系の学問を専攻。興味がある分野をみっちり学ぶことができ、充実した大学生活を送ることができたと思っています。
そして就活は大学3年生の時にスタート。卒業後はUターンをして地元に帰りたいと思っていたので、鴨川市近郊で会社探しを行いました。



そこで出会ったのが、地元の酒蔵です。もともと日本酒が好きだったので、好きなことに携わりながら地元で仕事ができることに魅力を感じ、大学卒業後にその酒蔵の会社に就職をしました。
ただ、入社してから実際に思い描いていた仕事とのギャップに悩みを抱えてしまい、1年弱で転職を決意してしまったんです。学生時代って、当たり前ですが就職活動は初めてで、その時に会社や仕事を深堀しきれていなかったのではないかな…と思っています。

確かに初めての就職活動で、100%の成功を収めるのはなかなか難しいですもんね。


その後は呉服屋さんに転職をしました。着物も私の趣味なので、「好きなものを仕事にできる会社」という軸で転職活動をしてその会社に出会いました。ここでは総合職(実際は営業職)として勤務し、約2年ほど勤めたときのことです。再び仕事に対して悩む時期がやってきました。2020年春、コロナ禍の始まりの頃です。ふと将来を考えた時に、「このままでいいのだろうか」と不安や疑問を感じた日々のことを覚えています。



それと共に、「生涯役に立つスキルを身につけたい」という意欲が湧いてきました。

その意欲をもとに、再び転職活動を始めたんですね!


そうなんです。特に業種を絞っていたわけではなく、自分のできることや学んだことを少しでも活かせる会社を探しました。今までは「好き」「趣味」を軸にしていましたが、今回の転職活動はそこが大きく違いました。

実際に転職活動のスタートとしてインターネットを使って鴨川市内で求人募集をしている会社を調査し始めました。その中でも情報がたくあさんあった株式会社カワナに興味を持ちました。私は大学で環境系の学問を学んでいたので、事業内容を読んだ時にビビッときたのを鮮明に覚えています。

ちなみに…「地方は仕事が少ない」というイメージをお持ちの方って多いのかもしれませんが、インターネットを活用してしっかりと調べれば、結構見つけられるものなんだなと実感しました。仮に自分が都心に住んでいたとしても、インターネットであれば地方の情報をいくらでも仕入れることができますよね。なので、活動の初めの一歩はインターネットを選択して本当に良かったです。

求人サイトでは実際に働いている方の写真や仕事内容が詳しく掲載されていたので、見れば見るほどワクワクしてきました。そして実際に応募することに決めました。

未経験でも安心のチーム作業です。分からないことは先輩たちに沢山頼ってください★

実際に面接を受けてみていかがでしたか?


第一印象は、とてもきれいな会社だなと思いました。面接では今までの経歴をきちんとお話させていただき、社長が親身になってお話を聞いてくれました。また、詳しく仕事内容や会社の事業を説明していただき、より一層カワナへの入社意欲が高まりました。面接当日はとても丁寧に対応してくださったことが印象に残っています。実家が鴨川市内にあるので、地元で「働きたい!」と直感で思える会社に出会えて本当に嬉しかったです。

入社してから実際にいかがですか?


上司の方が本当に優しく、真面目な眼差しで仕事を教えてくれるので安心して仕事に取り組むことができています。働く環境も整備されてるのを感じていて、例えばタイムカードの管理一つを例に挙げてみても、全てが「丁寧」なんです。仕事をしていてわからないことがあれば、先輩社員が「なんでも聞いてね」とフォローしてくれますし、時々いじられるのもなんだか嬉しかったり(笑) 未経験で入社したので不安な気持ちも少しありましたが、すぐにそれは吹っ飛びました。



仕事柄、様々なご家庭や病院などの設備を目の当たりにして、普段の生活では見ることがないものを見る機会も多いです。なので毎日がとても新鮮で刺激的。人々の生活に欠かすことのできない「水」をカワナが支えているんだなと実感し、誇らしく思います。

視点を変えて臨んだ転職活動、大成功だったんですね!これからの目標は?


カワナに出会うことができ、そして仕事も充実していて、今回こそは自分の中で納得のいく転職活動ができたのではないかと思っています。今は資格試験に向けて勉強に励んでいますが、これからも知識や技術を高めていき、早く一人前として活躍できるようになりたいです!それから…実は社内で20代はレアキャラなので、同年代や後輩の存在ができるともっと嬉しいですね。

今までの経験よりも、意欲を大切にしてくださる会社だと実感しました。是非多くの方が私たちの会社に興味を持っていただけたら嬉しいです!

畠山さん、貴重な転職エピソードをお聞かせいただきありがとうございました!!

企業情報
企業名:株式会社カワナ
所在地:千葉県鴨川市川代8
事業内容:事業者向けサービス
    (1)総合ビル管理サービス
     ■総合ビル管理
     ・設備点検、貯水槽清掃、排水管高圧洗浄
     ・空気環境測定、グリストラップ、ビルクリーニング(カーペット)
     ■浄化槽・排水処理設備点検及び改修
     ■衛生設備工事
    (2)その他 サービス
     ■液中膜メンテナンス(クボタメンブレン代理店)
     ■薬品・測定機器販売  一般のご家庭向けサービス
     ■浄化槽点検・清掃
     ■水周りのトラブル対応(トイレつまり 他)
     ■衛生設備工事
HP:https://kawana.co.jp/

この記事のライター

Maocury(まおきゅりい)
Maocury(まおきゅりい)

安房地方(千葉県館山市)出身。大学進学とともに千葉市へ北上。卒業後は千葉市と安房地方の二拠点生活(デュアルライフ)をはじめ、今でも継続中。安房地方ではダブルダッチを通したストリートパフォーマンスの普及に力を入れ、現在千葉県ダブルダッチ協会の理事も務める。心の底から南房総を愛しており、生粋の房州人として地元のお祭りも参加。

2019年12月に安房にUターン。WEBライター、薬膳コーディネーターとしての活動など、「一度きりの人生を全力で」いろんなことにチャレンジ中。