トピックス

2020.11.29

日常生活にちょっとした贅沢を~房総のお風呂特集 vol.1~

こんにちは!房総在住ライターのMaocuryです。
突然ですが、そしてとても私事ではありますが、今自宅のお風呂が壊れております。
ということで、かれこれ約1ヶ月、毎日どこかしらの入浴施設に行っているのですが…。(実家なども活用しながら 笑)
この際なので、実際に自分で足を運んで「これは良い!」と思った入浴施設をいくつかご紹介いたします。
日常生活の延長線上に…という感覚なので、銭湯のようなノリで行くことができますよ♪
ひろ~いお風呂でゆっくり温まりましょう♨

ばんやの湯(鋸南町)

保田漁港から程近くにある、お食事処や宿泊施設を兼ね備えた入浴施設です。
ぬる~い炭酸泉が何と言っても特徴的。
程よくぬるいお湯なので、大げさかもしれませんが1時間以上浸かっていられます。
近くにはスーパーおどやがあるので、お風呂上りにビールもすぐ手に入りますよ~🍺
HP:https://banya-grp.jp/facility/
料金:大人600円
定休日:火曜日
営業時間:15:00~22:00

海辺の湯(富津市)

富津市の金谷漁港周辺にあるお食事処や宿泊施設を兼ね備えた入浴施設です。
天気がいい日には富士山も臨める絶景スポットでもあります。
時間帯や日にちによってはお得に入浴ができるので、リーズナブルにちょっとした贅沢を味わいたい方におすすめです。

HP:http://www.umibe-4126.com/
料金:大人780円
営業時間:平日10:00~20:30/土日祝日10 :00~21:00

笑楽の湯(鋸南町)

鋸南町の佐久間ダム周辺の温泉施設です。
2016年にリニューアルオープンをし、施設内はとても綺麗。
地元民から愛されています。
大広間や貸し切り風呂もあり、家族みんなで楽しむこともできます。


HP:https://spa-tokyo.net/z-c-waraku/index.html
料金:大人550円 
定休日:月曜日・祝日翌日平日・特定日
営業時間:10:00~16:00(土日、特定日は19:00まで)

君津の湯(君津市)

国道127号線沿い、君津ICから約5分と好立地。
入館料も非常にリーズナブルです。
お風呂の種類も多く、楽しみながら入浴できるのも嬉しいところ。
HP:https://spa-tokyo.net/z-c-waraku/index.html
料金:大人590円 (平日の場合。土日祝は780円)
定休日:不定休
営業時間:9:00~24:00

いかがでしたでしょうか?
まだまだたくさんの入浴施設があるので、また足を運んだらUPしていきますね!
房総のお風呂を楽しんでみましょう♪

この記事のライター

Maocury(まおきゅりい)
Maocury(まおきゅりい)

安房地方(千葉県館山市)出身。大学進学とともに千葉市へ北上。卒業後の約4年間は千葉市と安房地方の二拠点生活(デュアルライフ)をしていた。本サイト運営会社「千葉キャリ」現役スタッフ。安房地方ではダブルダッチを通したストリートパフォーマンスの普及に力を入れ、現在千葉県ダブルダッチ協会の理事も務める。心の底から南房総を愛しており、生粋の房州人として地元のお祭りも参加。

2019年12月に安房に完全Uターン。より地域を身近に感じながら、都会と田舎の交流の架け橋を目指す。