トピックス

2020.12.30

地元で大人気!老舗パンカフェの名物の特設オンラインショップがOPEN!

こんにちは!房総在住ライターのMaocuryです。
今回は地元で大人気「なかぱん」の愛称で親しまれている「中村屋」が、同店の名物ロシアケーキに特化したオンラインショップをOPENしたということで密着取材しました!
実は中村屋はきやっしぇーよ、房総でも一度取り上げさせていただいております。
※その時の記事はこちら
ぜひこの際にもっと詳しく中村屋の魅力、そして名物のロシアケーキについてチェックしてみてはいかがでしょうか!

館山・中村屋とは…?

創業はなんと大正8年の、老舗パンカフェです。「なかぱん」という愛称で多くの地元内外のファンがおり、毎日手作りのパンやお菓子は連日完売。
喫茶コーナーも多くのお客様で賑わいを見せています。
詳しくはこちらの記事をご覧ください。

テレビや雑誌などのメディアにも多数取り上げられています。

なかぱんのロシアケーキに密着!

昭和初期、新宿の中村屋が帝政ロシア時代の皇帝付製菓技師であった、「スタンレー・オホーツキ氏」に指示を仰ぎ発売したロシアケーキを現代風にアレンジしたお菓子です。
ビスケット生地の上に、アーモンド・ピーナッツ・砂糖等を用いたペーストをその上にしぼりつけ、さらに丹念に焼き上げたお菓子です。
どんなお菓子なのでしょうか??実際に食べてみました!




※写真は、ハート、プルーム、ホワイト

まず、印象的なのはサクサクの生地!香ばしさと甘さのバランスが絶妙です。
そして上にのったそれぞれの味のチョコレートや果物が素敵にマッチしています。

ロシアケーキを手に入れるには…?

店頭で購入できるのはもちろんのこと、オンラインSHOPでも取り扱いもスタートしました。
オンラインショップはこちら↓
https://nakapan.theshop.jp/

自分へのご褒美や贈り物など、多彩な楽しみ方ができるのが嬉しいところ。
ぜひサイトを覗いてみてくださいね!!

この記事のライター

Maocury(まおきゅりい)
Maocury(まおきゅりい)

安房地方(千葉県館山市)出身。大学進学とともに千葉市へ北上。卒業後は千葉市と安房地方の二拠点生活(デュアルライフ)をはじめ、今でも継続中。安房地方ではダブルダッチを通したストリートパフォーマンスの普及に力を入れ、現在千葉県ダブルダッチ協会の理事も務める。心の底から南房総を愛しており、生粋の房州人として地元のお祭りも参加。

2019年12月に安房にUターン。WEBライター、薬膳コーディネーターとしての活動など、「一度きりの人生を全力で」いろんなことにチャレンジ中。