トピックス

2022.12.8

館山へ移住×20代での起業~自身の経験を活かしたビジネスモデルづくりを目指して~vol.2

こんにちは!安房在住ライターのMaocuryです。

前回の記事では、都会から館山に移住、そして起業を果たした牟田健登さんにフォーカスし、彼の今までの道のりや起業に至るまでの想いなどを紹介しました。

起業に至るまでの様々な経験が糧となり、晴れて人事コンサル会社である(株)クルージズ・テクノロジーズを開業させた牟田さん。

約1年半の事業計画や準備を経て2021年4月、設立に至りました。
(今までの道のりはこちら )



それでは、今回は牟田さんの事業、暮らし、そしてこれから先のビジョンなどを詳しく深堀りしていききます。

気になる!ムタケンが設立した会社「クルージズ・テクノロジーズ」とは?


どんな会社をつくったのか、もう少し詳しく見ていきたいと思います。

前回の記事でも触れましたが、彼が勤めていた人事評価コンサル会社での経験を活かし創り上げた独自の人事評価クラウドサービスを基にし、さらにそれをブラッシュアップし「Cruises」という法人向けの人事評価と目標達成支援saasを展開。

「人事評価は多くの経営者が頭を悩ませている実態があります。適切な目標設定や評価が難しい…、コンサルに頼むとコストがかかる…など。主に中堅中小企業様ではこのような悩みが顕著です。そこで弊社では、いかに簡単に、的確な人事評価を提供するかということを重点に置き、サービス開発に臨みました。」


また、サービスの提供のみならず、お客様のサポートや人事に関する様々な支援を通して、多くの企業様から着実に支持を受けているそうです。

彼の活躍の拠点は主に館山市。
(※お客様は全国にいらっしゃいます。)

地方にいながらもこうした事業を展開し、さらに顧客を増やしていっているそうですが、どんな秘訣があるのでしょうか?

「対面での商談や打合せもありますが、対お客様とは主にリモートを活用して仕事に取り組んでいます。コロナ禍もあり、リモートでの打ち合わせは急速に世間一般に浸透している感じがしますね。リモートだからこそ、効率よく最適な支援を行うことが出来ている部分も感じます。また、集中して仕事に取り組みたい時はコワーキングスペースやカフェ、定期的に足を運ぶ東京までのバスの中なども活用しています。様々なコミュニケーションツール、ITツール、そして場所を駆使するのが、事業展開の秘訣なのかもしれません。」


館山市内のカフェで作業をしている一コマ

こうした話を聞いていると、具体的にどんな日々を送っているのかも気になってきますよね。
そこで、牟田さんのある一日の過ごし方も伺ってみました!

いったいどんな風に時間を使っているの?若手起業家の一日に迫る

毎日同じように過ごしているわけではないので、例として3パターン紹介したいと思います。
もちろんこの3パターンだけでなく、もっとバリエーションは豊かです!

Aパターン:ほぼ在宅ワークの一日

4:00 起床
~5:30頃 筋トレ
~9:00 シャワー、家事、朝食、セミナー資料や営業準備など

9:00 システム開発のミーティング
10:00 休憩、仮眠
11:00 取材対応
12:00 昼食
13:00~15:00 事業計画書作成
15:00 営業準備
16:30 商談(リモート)
18:30 東京のビジネス交流会(リモート)
20:00 夕食
21:00 Twitter活動
22:00 就寝


Bパターン:仕事×外出ありの一日

4:00 起床
~5:30頃 筋トレ
~7:00 シャワー、家事、朝食、Twitter活動
~9:00 note 執筆 (→詳しくはこちら
~12:00 目標進捗管理
~15:00 昼食、システム開発ミーティング、諸作業

16:00~ 東京のエンジニアと共に、館山の海辺で食事をしながら採用会議

Cパターン:出張のある一日

4:00 起床
~5:30頃 筋トレ
~9:00 シャワー、家事、朝食、セミナー資料や営業準備など
~11:00 商談(リモート)
~16:00 昼食、東京へ移動
~19:00 買い物(日本橋)

19:00~ 会食、そして東京へ宿泊

一日一日が全く違うので、日々新鮮な気持ちで仕事に取り組むことができています。また自社の仕事はもちろんのこと、現在(株)館山守家舎の取締役を兼務している為、そちらのミーティングやイベント準備に注力する日もあるとのこと。
また、もちろん自然豊かな館山で過ごすオフの時間も大切にしているそうです。




まさに、地方でのびのびと自分らしく輝いている若手経営者ですね!

そんな牟田さんにこれからの目標やビジョンを聞いてみました。

「現在、仕事上のパートナー、従業員などの仲間が欲しいと思っています。様々なスキルを、是非私と一緒に活かしてくれる人財が欲しいですね。働く場所、時間を問わず、現代らしく、そして自分らしく活躍してくれる方と出会えるよう日々奮闘中です!もちろん、自身の経営も業績UPを目指していることは言うまでもありません。館山の地で、どんどん飛躍していこうと思います!」

この記事を読んでみて牟田さんに興味を持った方は、是非お問合せしてみて欲しいと思います。
きっと、彼の持つパワーに引き込まれること間違いありません。

牟田健登
株式会社クルージズ・テクノロジーズ 代表取締役社長
公式HP: https://cruises-technology.com/
Twitter: https://twitter.com/kentmt1010
note:   https://note.com/kentmt1010
採用情報:https://www.wantedly.com/projects/1195080
お問合せ: https://cruises-technology.com/contact/

この記事のライター

Maocury(まおきゅりい)
Maocury(まおきゅりい)

安房地方(千葉県館山市)出身。大学進学とともに千葉市へ北上。卒業後は千葉市と安房地方の二拠点生活(デュアルライフ)をはじめ、今でも継続中。安房地方ではダブルダッチを通したストリートパフォーマンスの普及に力を入れ、現在千葉県ダブルダッチ協会の理事も務める。心の底から南房総を愛しており、生粋の房州人として地元のお祭りも参加。

2019年12月に安房にUターン。WEBライター、薬膳コーディネーターとしての活動など、「一度きりの人生を全力で」いろんなことにチャレンジ中。
2022年1月~鴨川市松尾寺にて田舎の立ち飲み屋「ばんざい」のオーナー店長も務める。