トピックス

2021.8.26

チョコレート色の温泉で心も体もホッと一息~亀山温泉ホテル~

こんにちは!安房在住ライターのMaocuryです!今日は、アクアラインで東京から1時間、房総半島の真ん中に位置する亀山温泉ホテルをご紹介します。君津市の内陸部に位置し、小櫃川を堰き止めて作られたダム湖である亀山湖の畔にあります。今回は、そんな亀山温泉ホテルで、日帰りランチ&温泉を体験したのでご紹介いたします。

出迎えてくれたのは雄大な自然と湖のまち、亀山

JR久留里線から徒歩10分ほど、アクアラインを使えばなんと東京から約1時間と、比較的好アクセスに立地するのが亀山温泉。サイクリングやハイキングが楽しめるコースや、湖畔公園も整備されており、足を踏み入れるだけでワクワクが止まりません。ここは海、山、川、平野と様々な土地の食材が手に入るのも特徴です。亀山温泉ホテルでは、そんな自然の食材をふんだんに使った料理を楽しむことができます。

亀山湖畔のランチは、多彩な食材を楽しむことができる

亀山温泉ホテルの自慢、チョコレート色の天然温泉を楽しもう♪

ランチを堪能したあとは、楽しみにしていたお風呂です。第一印象は、「茶色!!」そして、本物の温泉だと感じずにはいられない硫黄の香り。実際に浸かってみると、心も体も癒されていくのを実感しました。景色も良く、気持ち良さも倍増です。とてもつるつるしており、お肌がきれいになるかも!?と直感で思いました!

亀山温泉ホテルのホームページには情報がたくさん掲載されており、眺めているだけでも旅気分を味わえる工夫が満載。
宿泊も良いですが、少し足を伸ばして日帰りで楽しむのもいいかもしれませんね!

亀山温泉ホテル
公式HP: https://www.kameyamaonsen.jp/
所在地:千葉県君津市豊田65
TEL: 0439-39-2121[受付時間|8:00~21:00]

この記事のライター

Maocury(まおきゅりい)
Maocury(まおきゅりい)

安房地方(千葉県館山市)出身。大学進学とともに千葉市へ北上。卒業後は千葉市と安房地方の二拠点生活(デュアルライフ)をはじめ、今でも継続中。安房地方ではダブルダッチを通したストリートパフォーマンスの普及に力を入れ、現在千葉県ダブルダッチ協会の理事も務める。心の底から南房総を愛しており、生粋の房州人として地元のお祭りも参加。

2019年12月に安房にUターン。WEBライター、薬膳コーディネーターとしての活動など、「一度きりの人生を全力で」いろんなことにチャレンジ中。