トピックス

2021.11.16

房総の頑張る会社特集vol.10~地域の暮らしと安全を守る

こんにちは!房総在住ライターのMaocuryです。今回は、房総のがんばる会社シリーズvo.10をお届けします。

今回ご紹介する企業は、千葉県いすみ市に位置しています。いすみ市は、平成17年に夷隅郡夷隅町・大原町・岬町が合併して誕生しました。近年移住者も多く、町おこしが盛んに行れていますね。東京から特急で70分と比較的都会からのアクセスも良く、今人気急上昇中のまちです。

そんないすみ市にある池田建設株式会社をフォーカスしていきます。
従業員の皆さんも活き活きと働いているとのこと。
一体どんな会社なのでしょうか?

池田建設で私たちと一緒に頑張りましょう!あなたからのご応募をお待ちしております。

いすみ市中心部から内陸に向けて車で約15分ほど走った穏やかな田園風景が広がるエリアに位置する池田建設。時間がゆっくりと流れていくのを感じることができます。かっこいいロゴの看板が出迎えてくれました。

池田建設ってどんな会社なの?

池田建設は1976年創業の老舗企業。以来地元を中心に多くの工事の依頼を受けてきました。8割以上の案件が公共工事で、経営は非常に安定しているとのこと。いすみ市においてなくてはならないそうで、例えば道路工事、河川工事など私たちが生活するうえで欠かせない様々な工事を手掛けています。社内では男女ともに幅広い年齢層が活躍しており、みんな活き活きと働いているそうです。なんと勤続35年超えのスタッフも在籍中。アットホームで風通しの良い社風が自慢だそうです。

働きやすさはピカイチ!

建設会社と聞くと、重労労働や拘束時間の長さをイメージされがちかもしれません。ですが池田建設が特に力を入れているのは、社員一人ひとりの働きやすさを大切にすること。例えば残業は基本的に発生しないようにしていますし、お休みもしっかり取っていただける環境を整えています。また、本社事務所の近くには社員専用の休憩室を兼ねた作業場もあり、清潔な更衣室なども完備しています。社員の働く環境に関して、細かな部分にも配慮しているのが嬉しいポイントですね。

池田建設は居心地の良さが自慢の会社です。あなたからのご応募をお待ちしております!

キャリアアップを応援してくれる会社です

池田建設では、未経験者の採用や教育にも力を入れています。社長曰く、「公共工事と聞くと、なんだかちょっと難しそう…と思うかもしれませんが、意外に簡単なんです。なので未経験の方も安心して飛び込んできて欲しい」とのこと。身構えずに、まずはやってみよう!という気持ちが大切なんですね。

また、仕事に関しての資格取得など、キャリアアップは全面的に応援します。もちろん各種資格取得の費用は会社負担。どんどん技術を身につけたい方にはピッタリの環境です。


池田建設では新しい仲間を募集しています。
詳しくはこちらをご覧くださいね!


池田建設のオフィス内の様子です。

オフィス内の様子です♪



企業情報
企業名:池田建設株式会社
所在地:千葉県いすみ市岬町嘉谷 815
事業内容:建設工事業

この記事のライター

Maocury(まおきゅりい)
Maocury(まおきゅりい)

安房地方(千葉県館山市)出身。大学進学とともに千葉市へ北上。卒業後は千葉市と安房地方の二拠点生活(デュアルライフ)をはじめ、今でも継続中。安房地方ではダブルダッチを通したストリートパフォーマンスの普及に力を入れ、現在千葉県ダブルダッチ協会の理事も務める。心の底から南房総を愛しており、生粋の房州人として地元のお祭りも参加。

2019年12月に安房にUターン。WEBライター、薬膳コーディネーターとしての活動など、「一度きりの人生を全力で」いろんなことにチャレンジ中。