トピックス

2021.4.30

いま、房総の祭りを感じよう。グッとこみ上げてくる感情と共に。

こんにちは。安房在住ライターのMaocuryです。
今回は房州人が愛してやまない房州のお祭りに、少しでも触れてみようとこんな場所を訪れました。


渚の駅たてやま内にある、渚の博物館の企画展示室にて期間限定で展示されている「安房の彫工・後藤利兵衛橘義光」の作品展です。その中でも房州のお祭りで目にする山車や神輿に特化した展示となっています。

後藤利兵衛橘義光は、江戸時代に安房地方で活躍した宮彫り師で、安房の三名工と呼ばれています。
彼の作品は、安房地方の多くの神社や寺院で、今でも足を運べば見ることができます。
ですが、いつでも見ることができないのが、お祭りのシーズンのみ姿を現す山車やお神輿の彫刻。
とは言え今までは年に1度必ず見ることができていましたが、2019年9月に房総半島を襲った台風や新型コロナウイルスの影響で、「お祭り」そのものが幻のようになってしまい、今では「次、いつ見ることができるかわからない」という状況です。
そんな中、少しでも多くの方に素晴らしい作品を見ていただけるような機会として設けられたのが、今回の特別企画展のようです。


(思わず立ち止まって、ぼーっとしてしまいました)

………房州人は、昔からこよなく祭りを愛してきました。
この地方では山車、屋台、お船や神輿の文化が盛んで、それに合わせた祭囃子や舞、神輿のもみさしなどが祭りの風物詩です。
お祭りシーズンになると、この地方のどこかしらの地区で太鼓の音が聞こえ、祭り衣装に身を包んだ人々が地区を練り歩きます。
太鼓の音が聞こえると、「ああ、この季節が来たんだな」と心が躍る感覚を今でも忘れてはいません。

たくさんのお祭りがある中で特に「やわたんまち」は千葉県の無形民俗文化財に指定され、例年多くの人出で町中が賑わいます。
安房地方の人々は、どんなに故郷から遠く離れたとしても、「お祭りがあるから帰ってきたよ」と毎年同じ表情で、ワクワクしてお祭りの準備や当日を精一杯、魂を込めて行います。
子供は、毎日毎日地区の神社に通い、太鼓の練習に明け暮れます。
思えば私も小学生の時、台風が来るというのに太鼓の練習に行きたくて行きたくて仕方がなく、警報が出たのであきらめた…そんな淡い記憶も残っています。
手に豆ができようが、指の皮がむけて痛くなろうが、そんなことは関係ありません。
心の底から地域のお祭りを愛し、知らず知らずのうちに伝統をつないできたのではないでしょうか。

山車の幕や彫刻を眺めていたら、この地域は遥か前の昔から、みんなでお祭りを愛してきたんだなと、しみじみと感じました。
私もお祭りを愛している、その一人です。

いつかまた、故郷のお祭りを精一杯やれる日を、心待ちにしています。

この記事のライター

Maocury(まおきゅりい)
Maocury(まおきゅりい)

安房地方(千葉県館山市)出身。大学進学とともに千葉市へ北上。卒業後は千葉市と安房地方の二拠点生活(デュアルライフ)をはじめ、今でも継続中。安房地方ではダブルダッチを通したストリートパフォーマンスの普及に力を入れ、現在千葉県ダブルダッチ協会の理事も務める。心の底から南房総を愛しており、生粋の房州人として地元のお祭りも参加。

2019年12月に安房にUターン。WEBライター、薬膳コーディネーターとしての活動など、「一度きりの人生を全力で」いろんなことにチャレンジ中。