トピックス

2021.12.22

ありのままに自分らしく~コテランネと共に歩む毎日~

こんにちは!安房在住ライターのMaocury(まおきゅりぃ)です。

前回の記事では、鴨川市釜沼地区にて「コテランネ」を運営するまゆこさんの、お店が完成していくまで道のりをご紹介しました。紆余曲折ありながらも、「自分の好き」を信じて真っ直ぐに進んでいく姿は本当に美しく、そして興味深いものです。

さて、「古民家したさん」での展示会を経て、直感で「ここで店をやりたい」という願いも叶い、2021年7月に新たな場所での「コテランネ」のオープンにこぎつけたまゆこさん。その日々はどんなものだったのでしょうか。

展示会からお店のオープンまであっという間でしたね。どんな心境だったんでしょうか?

あのファッションショーと展示会がが5月下旬でしたので、あの時からわずか1ヶ月あまりでお店がオープンしたってことですよね。とても慌ただしい日々でしたが、「やってみたい」と思ったことが実現できるのが本当にうれしくて。

また、ただ間借りをして洋服屋をやるのではなく「自分が本当に好き」と思う雑貨なども一緒にそろえることを意識しました。

金沢の彫刻家 木下輝夫さんの作品のお取り扱いを始めた日のSNSの投稿より


それから…
丁度その時って確か里山ウエディング(※以前の記事でご紹介した里山ウエディングパーティ)の準備がまさに始まるという時だったなあ。わたしも新婦の一人だったので、どんなウエディングパーティにしようか?という打ち合わせもある日々で。そんな中で、すごく自然な流れで、「アトリエふわりさんの衣装をコテランネでみんなで揃えよう♪」という話になりましたよね。穏やかな季節がす~っと流れていくくらい、本当に自然な流れでした。

新郎新婦で揃えた、アトリエふわりのリネン衣装~里山ウエディングにて~


色々なことが同時進行で行われながらも、全て「つながって」いたんですね。

そうですね。一つひとつの出来事が切り取られているのではなく、人とのご縁も含めてどこかでつながっているんだと思います。ここでお店をオープンできた道のりだって、全部そうです。

実際お店がオープンしてから、いかがですか?

ここはお店だけでなく、コミュニティスペースや民泊も兼ねているので、日々色々な人が訪れます。そんなことから、「常に一人ではない」と感じるのが嬉しくもあり、心地良いですね。
「場所を変えて本当に良かったね」と、周りの方々にもたくさんの声をかけていただいて、本当に自分の気持ちを信じて行動してよかったと思っています。

実はカフェも併設させていただいていて、お気に入りのお茶菓子や飲み物を仕入れてお出ししています。カフェも併設できたらいいなな…なんて思っていたら、「古民家したさん」には素敵な手作りのキッチンがあって。なんて素敵なご縁なんだろう!と感動しました。

また、先ほど話題に出た里山ウエディングの準備もコテランネのある「古民家したさん」で行うことが多かったので、お店をやりながらパーティーの準備をみんなで少しずつ行いました。

例えば、とある日はプレゼントの準備で庭で草木染を行ったり、おやつを食べながら他愛のない話をしたり…。パーティーが近づいてきたら予行練習も何回もやりましたね。本当に、ただ洋服屋をやっているだけではない、みんなと一緒に今を過ごしているんだなって、心の底から感じました。

季節や気持ちや気分も少しずつ変わっていくので、扱う商品も少しずつ変化を持たせています。
例えば、最近始めた駄菓子コーナー。実は横浜の実家では駄菓子屋さんを営んでいたのですが、ふとした時になんだか懐かしさを感じて始めてみました。

訪れたお客様と駄菓子とまゆこさん



ここに来る人も「懐かしい~」と声をかけてくれて。取り入れてみてよかったなと思っています。

実はとある時、私が尊敬する知人から「ワクワクしたことは、小さなことでも即実行」という素敵な言葉をプレゼントしていただいたことがあって。この言葉が忘れられなくて、今の私のモットーになっています。

そんなエピソードもあったんですね。まゆこさんの行動、そして周りの方々のご縁、環境を本当に大切にされているんですね。改めて、ここまでのコテランネの道のりを振り返ってみていかがですか?

日々の流れの中で、自分に向き合って、自分自身が楽しむということを大切にしてきたんだと思います。なんだか、人の目を意識するととたんに自分が変になってしまう気がして…。どんな選択だとしても、常に自分に責任を問えば良いのではないかと思っています。それは、この先も変わらないはず。

どんなエピソードも、穏やかに、そして笑顔で語りかけてくれたまゆこさん。本当に心地の良いインタビューとなりました。
コテランネ、そしてまゆこさんのつくり出す空間に、是非足を運んでみてはいかがでしょうか?多くの方が、この心地良さを味わっていただけることを願っています。


コテランネ公式HP:https://coteranne.com/
所在地:千葉県鴨川市釜沼1009
営業時間: 11時~17時
定休日:火曜、水曜日

この記事のライター

Maocury(まおきゅりい)
Maocury(まおきゅりい)

安房地方(千葉県館山市)出身。大学進学とともに千葉市へ北上。卒業後は千葉市と安房地方の二拠点生活(デュアルライフ)をはじめ、今でも継続中。安房地方ではダブルダッチを通したストリートパフォーマンスの普及に力を入れ、現在千葉県ダブルダッチ協会の理事も務める。心の底から南房総を愛しており、生粋の房州人として地元のお祭りも参加。

2019年12月に安房にUターン。WEBライター、薬膳コーディネーターとしての活動など、「一度きりの人生を全力で」いろんなことにチャレンジ中。