トピックス

2022.4.7

地域とその未来のために~福岡あずささんの活動に迫るvol .2 ~

こんにちは!ライターのMaocuryです。桜吹雪が舞い、いよいよ春本番という感じですね。日中はポカポカ陽気で気持ちの良い季節が到来しましたね。


さて前回の記事では、鴨川市釜沼に在住の福岡あずささんについてご紹介しました。
今回も引き続きあずささんにフォーカスしていきます。

横浜から鴨川に移住して早2年。
様々な人と触れ合う中で政治活動に興味を持ったということで、今回はあずささんの想いを更に深堀りさせていただきました。

政治に興味を持ったのは、ひょんなことからだった

移住して子育てをしながら様々な活動を続けてきたあずささん。

鴨川市の美しい自然の中で子育てをしていて、立場の同じ「お母さん」の声を聞くことも増えていったとのことです。
その中で感じたのが、「こんなにも素晴らしい土地にいながら、その土地の恵みを存分に享受する保育や教育の仕組みが不十分なのでは?」ということでした。



こうした想いを持ちつつ、
「せっかくここで生きていくならば、同意見のママ世代とともに、より子育てしやすい社会になるよう市民活動をしよう」と思ったのがきっかけの一つだったと言います。

また、あずささんが携わる活動の一つの「小さな地球プロジェクト」主力メンバーに、「この地域から、女性の政治家が出てくれたら面白いのでは」という声も聞いたそうです。
今まで発想もしなかったアイデアを聞き、思わず政治活動について調べに調べたあずささん。

そうしているうちに、鴨川が持つポテンシャルを存分に活かした政治活動をしたいと思うようになったそうです。

自分自身の経験をもとに周りの声を丁寧に聞く

前回の記事でもお伝えしたように、あずささんは移住前からサッカー選手やCM制作会社など、多くの場でパワフルに活躍してきました。
そして移住後も、子育ての傍ら鴨川の地元サッカーチームのサポートや、里山での暮らしの発信、農業など、精力的に活動をしています。

一見なんでもバリバリとこなしているようなあずささんですが、そんな中でも悩みや問題に直面することもあったとか。

あずささん:子育てと同時進行で様々な活動をすることについて、「きっとできる」と思っていました。しかしいざ結婚・出産していみると、限られた時間でこなせることは限界があり、周りのサポートなくしては成しえないと気付いたんです。


次世代を育てていくには、ひとつの地域が村となって、共に支え合う仕組みが必要なのではと。
そして更に、今鴨川で生きる人々の声を一つ一つ丁寧に吸い上げ、より活力ある地域にしたいと。

自分自身が母親になり、今までの経験を踏まえて自分自身を見つめ直したことが契機となったことで、より周りの声に耳を傾け、持ち前の行動力を糧に政治活動をしていこうと決心したそうです。

手を挙げたからには「行動する」

政治活動に一歩踏み出すのは、実はとても勇気のいる行動だったとあずささんは語ります。

あずささん:もともと政治については知識もなかったし、何から行動していけばいいのかわからなかったんです。なのでとにかくたくさん調べました。
正直恥ずかしいと思ったこともあります。
でも、自分で手を挙げたことには違いありません。
だからこそ、私の考える主張を実現するために、そしてなにより鴨川の「いま」と「未来」の為に行動し続けようと思っています。

若い女性が政治に参加することはまだまだ珍しいことかもしれませんが、私の行動をきっかけに、より多くの人の意見が反映される政治となることを願っています。

確かに現在の日本の政治家は、半数以上が男性なのも事実。
あずささんは、男性社会の中に「子育て世代の母親」がいたら、より多角的に物事を進められるのでは?という期待も寄せています。

あずささんの今度の活動に注目です。

福岡あずさ公式HP:https://fukuoka-azusa.info/home
福岡あずさ「3つの主張」:https://www.youtube.com/watch?v=lueKbwWgkRQ


この記事のライター

Maocury(まおきゅりい)
Maocury(まおきゅりい)

安房地方(千葉県館山市)出身。大学進学とともに千葉市へ北上。卒業後は千葉市と安房地方の二拠点生活(デュアルライフ)をはじめ、今でも継続中。安房地方ではダブルダッチを通したストリートパフォーマンスの普及に力を入れ、現在千葉県ダブルダッチ協会の理事も務める。心の底から南房総を愛しており、生粋の房州人として地元のお祭りも参加。

2019年12月に安房にUターン。WEBライター、薬膳コーディネーターとしての活動など、「一度きりの人生を全力で」いろんなことにチャレンジ中。
2022年1月~鴨川市松尾寺にて田舎の立ち飲み屋「ばんざい」のオーナー店長も務める。